CONTACT

Archive

学会活動アーカイブ

カテゴリー:海外文献研究部会

海外文献研究部会企画講演会(10月24日・日)開催のご案内

2021.09.27 カテゴリー:シンポジウム・講演会,海外文献研究部会,研究・教育委員会

中垣恒太郎 海外文献研究部会主査

以下の通り、海外文献研究部会企画による講演会を開催する運びとなりました。
映画研究者、脚本家、日本チャップリン協会会長の大野裕之氏をお招きし、ご著書『ディズニーとチャップリン』(光文社新書、2021)を中心に、アメリカの初期アニメーションにおける「チャップリン・アニメーション(1915~1923)」、『フィリックス・ザ・キャット』およびディズニー・アニメーションへのチャップリンの影響についてお話いただきます。

会員外の方々のご参加も歓迎いたします。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

———————————————————————
▼日本アニメーション学会研究・教育委員会主管事業 講演会
(概要)
日程:2021年10月24日(日)14時~16時(オンライン入室13:55)
※オンライン会議システムZoomを用いたオンライン形式で開催します。
「サイレント喜劇と初期アメリカ・アニメーション 〜チャップリンからディズニーへ」
▼講師:大野裕之氏(日本チャップリン協会会長)
 司会進行:中垣恒太郎会員(海外文献研究部会主査)
 聞き手(予定):清水知子会員、米村みゆき会員、須川亜紀子会員
 企画:海外文献研究部会
 主催:日本アニメーション学会
 共催:専修大学現代文化研究会

▼参加:事前登録制・無料(会員優先。会員以外の方も聴講いただけます)
▼参加申込:2021年10 月19日(火)23時まで。
 参加者の方には、10月22日(金)までにZOOMリンクをお送りします。
▼事前登録申込:https://forms.gle/kNK5hmfdBUjKGEYg7
▼お問い合わせ先:中垣恒太郎(海外文献研究部会主査)knakagaki(at)senshu-u.jp
——————————————————————–

海外文献研究部会講演会(3月25日・木)開催のご案内

2021.03.12 カテゴリー:海外文献研究部会,研究部会活動

中垣恒太郎 海外文献研究部会主査

以下の通り、海外文献研究部会主催による講演会を開催する運びとなりました。
メディアファンダム研究の基礎文献に位置づけられる、ヘンリー・ジェンキンズ『コンヴァージェンス・カルチャー――ファンとメディアがつくる参加型文化』(渡部宏樹・北村紗衣・阿部康人訳、晶文社、2021)について、訳者をお招きし、これから読む方に対する導入として、あるいは、書籍では伝わりにくいマルチメディアに関する要素についての補足解説として、お話いただきます。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

▼日本アニメーション学会海外文献研究部会 講演会
(概要)

2021年3月25日(木)19時~20時30分「+α」
オンライン会議システムZoomを用いたオンライン形式で開催します。
 
▼講演:渡部 宏樹氏(筑波大学人文社会系)

「今なぜファン/ファンダム研究か?――ヘンリー・ジェンキンズ『コンヴァージェンス・カルチャー』と日本」
 司会:中垣 恒太郎(専修大学文学部)

▼共催:専修大学現代文化研究会
▼参加費:無料
▼事前申し込み制
 申し込み先:参加登録フォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdYcoGLI5wlti_6RGmVt7MR1YvhkICiTA4bwH5US_CqlQPgnQ/viewform

2021年3月22日23時まで参加登録を受け付けております。
※会員外の方でもご参加いただけます。

問い合わせ先:主査 中垣恒太郎 (knakagaki[@]senshu-u.jp)([@]を@に変えてください)

海外文献研究会主催・第9回研究会のご案内

2014.04.06 カテゴリー:海外文献研究部会

約半年ぶりの海外文献研究会の開催が決まりましたので、お知らせいたします。今回は、近年ますます注目を集めつつあるアニメーション・ドキュメンタリーを扱う初の本格的な学術書Annabelle Honess Roe, Animated Documentary (Palgrave Mcmillan, 2013)を取り上げます。本書は、アニメーション・ドキュメンタリーに関する過去の様々な研究をマッピングし、ビル・ニコルズをはじめとするドキュメンタリー映画の研究などを参照しながら、同ジャンルのアニメーションに対して確固たる見通しを与えようとするものとなっています。また、今回の研究会は土居による同書のChapter 1 “Representational Strategies”についての概要発表ののち、オフィスHの伊藤裕美さんからも『はちみつ色のユン』を題材にヨーロッパのドキュメンタリー・アニメーションの動向についてもプレゼンを行っていただきます。最終的には、会場をも含んだディスカッションを行っていければと思います。

■日時:2014年4月6日(日)15:00-18:00
■会場:東京造形大学・大学院 渋谷サテライト教室(72教室)
   学校法人桑沢学園渋谷校舎(桑沢デザイン研究所)7F
   〒150―0041 東京都渋谷区神南1―4―17
■地図:http://www.kds.ac.jp/smenu/access.html

◎発表者1:土居伸彰(日本学術振興会特別研究員)
 講読文献:Annabelle Honess Roe, Animated Documentary (Palgrave Mcmillan, 2013)のChapter 1 “Representational Strategies”

◎発表者2:伊藤裕美(オフィスH)
 発表タイトル:「『はちみつ色のユン』とハイブリッドなヨーロッパ・アニメーション」

※参加方法:所属、学会員/非学会員の別を明記のうえ、
 doidoi1021[@]gmail.com(土居)までメールをお送りください([@]を@に変えてください)。
 今回の研究会はセミクローズドなものではなく一般公開いたします。
※問い合わせ:土居伸彰(日本学術振興会特別研究員)
 doidoi1021[@]gmail.com([@]を@に変えてください)。