CONTACT

Archive

学会活動アーカイブ

月別アーカイブ : 2020年1月

理論研究部会 2019年度 第6回研究会 開催のお知らせ

2020.01.04 カテゴリー:理論研究部会,研究部会活動

●日本アニメーション学会 理論研究部会
 2019年度 第6回研究会開催のご案内

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

下記の通り、2019年度理論研究部会第6回研究会を開催いたします。

今回は昨年9月開催2019年度第4回研究会で取りあげた『日本のアニメーションはいかにして成立したのか』の「戦後編」に続く「現代編」となります。
同じく著者の西村智弘先生にご著書をもとにご発表いただきます。

アニメーション研究に広く関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

会場の収容人数に限りがありますので、原則として事前申込制とさせていただきます。
会員優先申し込みとし、3日前(1月9日木曜)から会員外の参加申し込みも受け付けます。

                  記

■2019年度 日本アニメーション学会理論研究部会 第6回研究会

●発表タイトル:日本のアニメーションはいかにして成立したのか(現代編)
●発表者:西村 智弘(美術評論家、映像評論家・映像研究者/東京造形大学)

●発表概要:
現代編では、主に1990年代以降のアートアニメーションを取り上げる。
今日、アートアニメーションという言葉はほとんど使われなくなったが、90年代後半から2000年代にかけて流行現象になり、一般に普及していた。ただしアートアニメーションは和製英語で、日本でしか使われない言葉である。
いったいなにがアートなのか、どの作品がアートアニメーションであるのかが曖昧なため、この名称に批判的な作家や評論家も少なくなった。
少なくとも当時、アートアニメーションには二通りの使い方があった。ひとつは日本の作品に使う場合で、主に個人による自主制作アニメーションを指していた。もうひとつは外国の作品に使う場合で、カートゥーン・アニメーション以外のオルタナティブな作品を指していた。いずれにしてもアートアニメーションは、商業的な漫画のアニメに対立する言葉であった。結局アートアニメーションは、日本のアニメーションの特殊な状況、アニメーションの主流がテレビにおけるマンガのアニメであるという状況が生みだした言葉であった。
今日でもアートアニメーションという言葉が使われることがあるのは、この言葉に代わるものがないからである。結局、アートアニメーションの問題はいまだに解決されていないのであり、現代のアニメーションに問題を投げかけている。わたしはアートアニメーションの歴史を振り返ることで、問題の所存を明らかにしたい。(西村智弘)

●参考
◎西村智弘『日本のアニメーションはいかにして成立したのか』
 http://www.shinwasha.com/

◎『読売新聞』に掲載された書評
 https://www.yomiuri.co.jp/culture/book/review/20190129-OYT8T50076/
◎『キネマ旬報』に掲載された書評
 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10214200761760638&set=a.10204818790897230&type=3&theater

●日時:2020年1月12日(日)14時00分~17時00分
 開場:13時45分
 ※会場準備の都合上、開場時刻以降にお越しください。

●会場:東京造形大学原宿サテライト
    東京都渋谷区神宮前2-32-5「BPRスクエア神宮前1」6F
◎交通アクセス:
 JR山手線「原宿駅」徒歩9分
 東京メトロ千代田線「明治神宮前」駅徒歩6分
※会場地図希望の場合は参加申込書の該当欄に印を付けてください。

●定員25名

今回は会場収容人数の関係で会員優先・事前申込制となります。

2019年度日本アニメーション学会理論研究部会第6回研究会に参加を希望される場合は、
1月11日(土)23時59分までに下記の参加申込書にご記入の上、
11sig_theory@jsas.net 宛(@を@に変えてください)にご返信ください。

1月9日(木)からは会員外の申し込みも受け付けますので、参加を希望される会員の方はお早めにお申し込みください。

受信後に受付確認をお送りします。

—————————— キリトリセン ——————————–
■2019年度日本アニメーション学会理論研究部会第6回研究会 参加申込書
※mail to: 11sig_theory@jsas.net(@を@に変えてください)

□:参加します

□:会員
□:会員外(社会人)
□:会員外(学生)

□:会場地図希望

氏 名:________________
所 属:________________
メール:________________

※1月11日(土)23時59分までにお送りください。