CONTACT

Archive

学会活動アーカイブ

京都アニメーションの事件について

2019.07.22 カテゴリー:その他

このたびの京都アニメーション第一スタジオの事件により、多くの方々が亡くなられ負傷されたことに、
私たちは深い悲しみ以外なにもありません。

被害に遭われ亡くなられた方に謹んで哀悼の意を表するとともに、ご家族・関係者の皆さまに心よりお悔やみ申しあげます。
負傷された方に謹んでお見舞い申しあげるとともに、一日も早いご回復を心よりお祈り申しあげます。

そして京都アニメーションの一日も早いご復興を衷心より祈念いたします。

2019年7月20日
日本アニメーション学会一同

理論研究部会2019年度第3回研究会・教育研究部会2019年度第2回研究会 合同研究会開催のお知らせ【第2報】

2019.07.13 カテゴリー:教育研究部会,理論研究部会,研究部会活動

日本アニメーション学会理論研究部会 2019年度第3回研究会
日本アニメーション学会教育研究部会 2019年度第2回研究会
合同研究会開催のご案内【第2報】

時下ますますご清栄のこととお慶び申しあげます。

下記の通り、本年度理論研究部会第3回研究会と教育研究部会第2回研究会の合同研究会を開催します。
先にお送りした「第1報」では第1部を理論研究部会、第2部を教育研究部会の二部構成、二研究会同日開催とご案内しましたが、その後同一テーマ・登壇者による合同研究会と改めました。

当初は両研究会で「理論の教育(特に実技系大学における)、あるいは作り手(作り手の養成を含む)にとっての理論(または理論研究)はどのような意味を持つのか」という問題について、理論と教育の両研究部会の立場から扱うことを考えておりました。

運営者や発表者など関係者と意見を交わす中で、本来はアニメーションに限らず芸術作品の制作一般に関わる問題であり、必ずしもアニメーション理論の研究会が正面から取り組むべきテーマではなく、またアニメーション教育の問題に限定することにも無理があるような問題、アニメーションの理論研究とは直接関係ないともいえるこの問題やテーマが、理論研究部会と教育研究部会とが合同で研究会を開くときに、その接点に浮上する問題意識の一つだったのだということが再認識され、改めて理論と教育を個別に開き、単なる同日開催ということではなく、改めてその意味を考え直し両研究会合同で一つの研究会を開くこととしました。

アニメーションの研究と教育、あるいは制作などを含み、広くアニメーションとその研究に関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

会場の収容人数に限りがありますので、事前申込制とさせていただきます。
会員優先申し込みとし、7月16日(火)以降、会員外の参加申し込みを受け付けます。

                  記

■2019年度 日本アニメーション学会理論研究部会 第3回研究会
                   教育研究部会 第2回研究会
 合同研究会

●日時:2019年7月21日(日)14時00分~17時00分
 開場:13時45分  ※会場準備の都合上、開場時刻以降にお越しください。

●テーマ:アニメーションの実技教育における「理論」の授業
 鼎談:波多野哲朗(東京造形大学名誉教授、日本アニメーション学会名誉会員、日本映画学会名誉顧問)
    小出正志(東京造形大学教授、日本アニメーション学会会長・理論研究部会主査)
    昼間行雄(文化学園大学教授、日本アニメーション学会理事・教育研究部会主査)

概要:
 日本では、アニメーションの専門教育が大学で始まって、約15年が経過した。その教育現場では、専門的な技術習得のための実技教育は盛んであるが、では、理論についての教育の明確な位置付けはどのように行われ、どのような授業が行われてきたのであろうか。
 今回の鼎談では、実技教育が重視されるアニメーションの専門教育での「理論」の授業の位置付けを再考察する。

問題提起:
 「仕事の現場は、直感で処理すべきである。現場は、理論などを考える場所ではない。理論は平常において考えておくべきものである。理論の勉強は、現場におけるあらゆる咄嗟の場合に、正しい直観や判断を以て対処し得る能力を養うための下準備とも考えられる。」(伊丹万作 洛北通信・古い手帳から)
 戦前に活躍した映画監督の伊丹万作は、実際の映画制作上で必要となる理論を自身で編纂しようとしていた、日本の映画実作者の中では希有な存在であった。
 戦後の日本映画の復興期から現在まで、制作現場の側からまとめられている映画の理論書は(ごく最近になって芸大大学院等の教育機関で授業を担当している映画監督の黒沢清や青山真治などが一部を執筆している例はあるが)、日本ではまったく存在していない。
 美術系の大学に限らず、いろいろな大学で映像やアニメーションを扱う学科や専攻、コース等が増えている。しかし多くは、それまでに存在する同様の学科やコースと同じく、実技教育が重視され、さらに、一般教養的な講義系授業と、制作の下支えとなる理論を講義する授業とが混同されている感も強く感じる。
 本鼎談は、長らく映像の専門教育の現場で教鞭を取られてきた波多野先生を交えて、現在、アニメーションの専門教育に携わる小出先生と昼間が、現在の授業を振り返り、さらに今後の専門教育での授業での制作の下支えとなる「理論」に関する授業の位置付けを再考察する。

●会場:東京造形大学原宿サテライト
    東京都渋谷区神宮前2-32-5「BPRスクエア神宮前1」6F
◎交通アクセス:
 JR山手線「原宿駅」徒歩9分
 東京メトロ千代田線「明治神宮前」駅徒歩6分
※受付確認後に地図をお送りします。

●定員25名

今回は会場収容人数の関係で会員優先・事前申込制となります。

2019年度日本アニメーション学会理論研究部会第3回・教育研究部会第2回研究会に参加を希望される場合は、
7月19日(金)0時00分までに下記の参加申込書にご記入の上、
11sig_theory@jsas.net 宛(@を@に変えてください)にご返信ください。

7月16日(火)からは会員外の申し込みも受け付けますので、参加を希望される会員の方はお早めにお申し込みください。

7月19日(金)までに受付確認を返信します。

—————————— キリトリセン ——————————–

■2019年度日本アニメーション学会理論研究部会第3回・教育研究部会第2回研究会 参加申込書

※mail to: 11sig_theory@jsas.net(@を@に変えてください)

□:参加します

□:会員
□:会員外(社会人)
□:会員外(学生)

氏 名:________________

所 属:________________

メール:________________

※7月19日(金)0時00分までにご返信ください。

—————————— キリトリセン ——————————–

 

理論研究部会2019年度第3回研究会・教育研究部会2019年度第2回研究会 合同研究会開催のお知らせ【第1報】

2019.07.09 カテゴリー:教育研究部会,理論研究部会,研究部会活動

日本アニメーション学会理論研究部会 2019年度第3回研究会
日本アニメーション学会教育研究部会 2019年度第2回研究会
研究会合同開催のご案内

時下ますますご清栄のこととお慶び申しあげます。

下記の通り、理論研究部会2019年度第3回研究会と教育研究部会2019年度第2回研究会を合同開催します。

アニメーション理論、アニメーション教育に広く関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

会場の収容人数に限りがありますので、事前申込制とさせていただきます。
会員優先申し込みとし、7月16日(火)以降、会員外の参加申し込みを受け付けます。

                  記

■日本アニメーション学会理論研究部会 2019年度第3回研究会
 日本アニメーション学会教育研究部会 2019年度第2回研究会
 合同研究会

●日時:2019年7月21日(日)14時00分~17時40分
 開場:13時45分  ※会場準備の都合上、開場時刻以降にお越しください。

◎第一部 理論研究部会 14時00分~16時00分
 第二部 教育研究部会 16時10分~17時40分

●第一部 理論研究部会
◎14時00分~16時00分
 タイトル:動く絵について
 発表者 :波多野哲朗(東京造形大学名誉教授、日本アニメーション学会名誉会員、日本映画学会名誉顧問)
 発表概要:※第2報にてお知らせします。

●第二部 教育論研究部会
◎16時10分~17時40分
 タイトル:未定 ※第2報にてお知らせします。
 発表者 :未定 ※第2報にてお知らせします。
 発表概要:未定 ※第2報にてお知らせします。

●会場:東京造形大学原宿サテライト
    東京都渋谷区神宮前2-32-5「BPRスクエア神宮前1」6F
◎交通アクセス:
 JR山手線「原宿駅」徒歩9分
 東京メトロ千代田線「明治神宮前」駅徒歩6分
※受付確認後に地図をお送りします。

●定員25名

今回は会場収容人数の関係で会員優先・事前申込制となります。

2019年度日本アニメーション学会理論研究部会第3回・教育研究部会第2回研究会に参加を希望される場合は、
7月19日(金)0時00分までに下記の参加申込書にご記入の上、
11sig_theory@jsas.net 宛(@を@に変えてください)にご返信ください。

7月16日(火)からは会員外の申し込みも受け付けますので、参加を希望される会員の方はお早めにお申し込みください。

7月19日(金)までに受付確認を返信します。

—————————— キリトリセン ——————————–

■2019年度日本アニメーション学会理論研究部会第3回・教育研究部会第2回研究会 参加申込書

※mail to: 11sig_theory@jsas.net(@を@に変えてください)

□:参加します

□:会員
□:会員外(社会人)
□:会員外(学生)

氏 名:________________

所 属:________________

メール:________________

※7月19日(金)0時00分までにご返信ください。

—————————— キリトリセン ——————————–

「日本アニメーション学会賞2019」選考結果のお知らせ

2019.06.30 カテゴリー:お知らせ,学会賞

本年度「日本アニメーション学会賞2019」の選考結果が決定いたしましたので、
下記の通り、皆様にご報告申し上げます。

————————————————————————
 ■日本アニメーション学会賞2019:
『日本のアニメーションはいかにして成立したのか』
西村 智弘 著 (2018年/森話社刊)
————————————————————————
 ■特別賞:
『コンテンポラリーアニメーション入門~現代短編アニメーションの見取り図~』
事業の長年の功績に対して
代表:山村 浩二氏(東京藝術大学大学院教授、アニメーション作家) 

————————————————————————
<選考委員>
石田美紀(新潟大学人文学部 准教授)
権藤俊司(東京工芸大学アニメーション学科 准教授)
須川亜紀子(横浜国立大学 都市科学部/都市イノベーション研究院 教授)
鷲見成正(慶應義塾大学 名誉教授)
米村みゆき(日本近現代文学研究者/専修大学文学部 教授)
————————————————————————

プレスリリース(PDF)
 
■贈賞理由
学会賞/西村 智弘 著『日本のアニメーションはいかにして成立したのか』

西村智弘氏の著作『日本のアニメーションはいかにして成立したのか』は、日本における「アニメーション」概念の受容を歴史的視点から論じた労作である。
本書が取り扱うのはアマチュア映画や実験映画等、アニメーションの「周縁」とみなされてきた領域であり、各時代のアニメーションに対する呼称を分析することで、用語の変遷にとどまらず、アニメーションを認識・区分するコードそれ自体が変容したことが明らかにされる。
例えば戦前の「人形映画」と1960年代以降の「人形アニメーション」は同一概念を指すかのように見えるが、二者の間には「コマ撮り」意識の有無、ひいては定義する主体が観客であるか制作者であるかの決定的な差異が存在する。また、戦前の映画検閲のジャンル区分に登場する「描画」に著者は注目し、この用語を生み出した認識の枠組を法や制度との関係性から論じていく。1960年代の「リミテッドアニメーション」や近年の「アートアニメーション」に至るまで、検証対象は章ごとに異なるが、そこに通底しているのは「アニメーションとは何か」という原理的問いに他ならない。
本書によって初めて明らかになった事実も多く、「第三章 戦前の自主制作アニメーション」では戦前アマチュア作家の50作品を超えるフィルモグラフィが提示され、個々の作家や作品に関しても当時の雑誌・書籍資料を元にした手厚い記述がなされている。対象の特性上、完全なリストではないとはいえ、従来のアニメーション史から欠落していた部分を埋める貴重な収穫であると言えるだろう。
以上のように文献資料の精査と確固とした理論的視座が連携することによって、本書は極めて刺激的な研究書であり、かつリファレンスともなりうる実証性を備えている。選考委員が満場一致で学会賞の贈賞を決定した理由である。
(選考委員・権藤俊司)

特別賞/「コンテンポラリーアニメーション入門~現代短編アニメーションの見取り図~」
事業の長年の功績に対して (代表:山村 浩二氏)

「コンテンポラリーアニメーション入門〜現代短編アニメーションの見取り図〜」は、2009年7月から東京藝術大学大学院映像研究科と横浜市文化観光局が主催している公開講座である。2018年までに開催回数は30回を数え、今年で10年目を迎える。商業アニメーション作品と比較すると、鑑賞する機会が非常に限られている現代短編アニメーションを上映・紹介するだけでなく、国内外から作家や研究者を招聘し、一般にひらかれた形で作品の技法、テーマ、思想、文化などあらゆる側面からの討論を継続的に行なっていることは特筆に値する。こうした試みは他に類をみないものであり、実作と研究をシームレスにつなげる貴重な機会を与えている。長年にわたる本事業の貢献はアニメーション研究に大いに資するところであり、今後も実作者、研究者、そして一般の人々に刺激を与え続けることを期待しつつ、選考委員の総意として本年度の特別賞を贈賞するに至った。(選考委員・須川亜紀子)

 

■「日本アニメーション学会賞」について

「日本アニメーション学会賞」は日本アニメーション学会(1998年創立/www.jsas.net)
の創立15周年記念事業として2014年に創設されました。
「日本アニメーション学会賞」は主としてアニメーション研究者の顕彰・奨励を目的としております。またその授賞対象は会員に限らないものとしました。これは現状においてはアニメーションあるいはメディア芸術の分野における顕彰・奨励が伝統的な分野とは異なり作家・クリエイター中心であり、創り手以外の研究者や教育者・批評家などへの顕彰・奨励の機会はごく限られたものであるからです。本学会員の間でも、かねてよりこれを解消すべき大きな課題であるとする意見が少なからずありました。
本学会がこの賞を設けることにより、これまで顧みられることの少なかった研究者の顕彰、特に若手研究者の奨励を実現させたことは、学会としての社会的使命の一つを果たすことに繋がるのではないかと考えます。「日本アニメーション学会賞」がアニメーション分野あるいはメディア芸術分野の学術研究の活性化を促し、その一層の発展に寄与ことを本学会員一同、心より願っております。
日本アニメーション学会ではこの賞を本学会会員皆の力で支え育て、末永くまた大きく発展させていきたいと希望しておりますので、関係各位の皆様のご理解とご協力をどうぞよろしくお願い申しあげます。

日本アニメーション学会会長 小出正志(東京造形大学教授)

日本アニメーション学会第22回通常総会併催行事 開催概要

2019.06.10 カテゴリー:お知らせ,シンポジウム・講演会,総会

日時:2019年6月30日(日)午後1時00分~2時45分
会場:私学会館(アルカディア市ヶ谷)11階・伊吹の間

名称:座談会「アニメーションの研究と学問――この20年とこれから」

登壇者:石田美紀(新潟大学)
    木村智哉(玉川大学)
    米村みゆき(専修大学)
司 会:小出正志(東京造形大学)

趣旨:
昨年7月28日に開催を予定していた「日本アニメーション学会創立20周年記念座談会 アニメーションの研究と学問――この20 年とこれから」の順延開催となる。
都合により登壇者の一部が交代となるが(キム ジュニアン会員→石田美紀会員)、基本的なテーマや内容は昨年の企画を踏襲するものとなる。
以下「日本アニメーション学会創立20周年記念行事座談会+祝賀会」冊子掲載の開催趣旨を転載する。

日本アニメーション学会は1998年7月25日に設立総会を開き、発足した。アニメーションの研究、特に学術研究の歴史がいつまで遡ることができるかは意見の分かれるところであり、例えば1987年のSociety for Animation Studies(国際アニメーション学会)の創立をシンボリックに捉え、1980年代とする立場もあれば、研究者個人の活動を源流とする考え方もあり、当然後者はより古くなる。日本でいえば1975年8月の日本映像学会アニメーション研究会(第一次)か、あるいはより本格的な活動となった1992年1月の第二次研究会発足が一つのメルクマールといえるかも知れない。
 なぜこの様なことを述べるかといえば、研究、とりわけ“学術情報の生産”としての学術研究は個人の活動だけでは十分なものとはならないからである。研究は極めて個人的な営みという側面を持つ一方で、それは常に開かれたものでなければならない。研究が開かれる、あるいは研究を開く際に、そこには組織化された研究活動の世界が存在する必要があるだろう。それが学会であり学界である。その意味でアニメーション研究者の組織化や主たる学会活動、換言すれば研究発表の場を設けることなどを標榜して日本アニメーション学会が創設されたことの学問的意味、歴史的意味は大きいといえる。
 以来20年、兎にも角にもアニメーションの学術研究の場は確立したように見える。この間、年次研究発表集会である学会大会は1999年の第1回より毎年途切れることなく20回の開催を数え、学術雑誌・論文誌である学会機関誌『アニメーション研究』も1999年の創刊以来、やはり毎年途切れることなく刊行され、通巻は25号を数える。これらのことから少なくとも外形的には確立したとしいうことができるだろう。ではその実質はどのようなものであろうか。形式ではなく内容を問うとき、それが容易ならざるものであることを知ることになる。もちろん量から導き出される質もある。一方で一つひとつの研究活動や研究成果に対して質的評価を行うことの難しさもある。論文誌において査読が行われその結果採否や改稿が行われている以上、研究に対する一定の評価がなされているといえるが、アニメーションの学術研究の様に方法や規範などが確立していない、あるいは未成熟な分野では本質的な困難さがあり、頻繁にそれは顕在化する。これまでの学会大会の研究発表や、機関誌の掲載論文、そもそも大会発表や機関誌編集の運営方法や方針などにおいてすら大きな問題が生ずることも珍しくはない。この座談会では改めて学術研究の0地点からの議論を期待したい。(小出正志)

日本アニメーション学会第22回通常総会開催のご案内

2019.06.10 カテゴリー:お知らせ,総会

日時:2019年6月30日(日) 午後1時00分~午後7時00分
併催行事 午後1時00分~午後2時45分
通常総会 午後3時00分~午後4時30分
懇親会  午後4時50分~午後7時00分(会費6,000円)
会場:私学会館(アルカディア市ヶ谷)11階伊吹の間
  〒102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25 TEL : 03-3261-9921
  https://www.arcadia-jp.org/access/
  ●JR中央線(各駅停車) 市ヶ谷駅から徒歩2分
  ●地下鉄 有楽町線・南北線 市ヶ谷駅(A1-1)出口から徒歩2分
  ●地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅(A1-1・A4)出口から徒歩2分

議事:(1) 2018年度事業報告
   (2) 2018年度決算報告
   (3) 2019年度事業計画案
   (4) 2019年度予算案
   (5)その他の報告事項
——————————————————————————–
【重要なお知らせ】通常総会の出欠状/委任状確認については、郵送ハガキによる手続きを行ってまいりましたが、送信/受信の効率化、簡便化を目的に、本年度よりGoogleフォームの活用を開始します。ただしメール連絡の不達も考えられますので、郵送にて開催通知と出欠確認フォームも別途お送りします。Googleフォームによる回答が不可能な場合は、そちらのフォームを使用して、FAXまたは郵送にてご返送ください(大変申し訳ありませんが、その際の通信費は自己負担にてお願いいたします)。

■Googleフォームによる第22回通常総会出欠確認:
https://forms.gle/7MZ4ZXKxSSZypTgf6

■FAXまたは郵送用の出欠確認用紙ダウンロード:
http://drive.kakio24.com/JSAS/19JSASGeneraiMeeting_Attendance.pdf
※印刷してご使用ください。

準備の都合上、出欠確認状は、2019年6月24日(月)必着でご回答、返送ください。欠席される場合は総会成立のため、必ず委任状をご記入の上、お送りください。
以上、第22回通常総会のご案内までにて失礼いたします。
会員の皆様のご健勝と一層のご活躍を祈念申しあげます。
——————————————————————————–
※通常総会のご案内 PDF版のダウンロード:
http://drive.kakio24.com/JSAS/19JSAS_GeneralMeeting_information.pdf

日本アニメーション学会第21回大会のお知らせ(第1通信)

2019.05.31 カテゴリー:大会

日本アニメーション学会第21回大会 第1通信

ごあいさつ:
日本アニメーション学会第21回大会実行委員長
小出正志(東京造形大学)

日本アニメーション学会第21回大会は2000年に東京都写真美術館を会場に開催された第2
回大会以来となる大会実行委員会を理事会によって組織しての開催となります。
2001年の第3回大会の武蔵野美術大学から昨年の第20回大会の西南学院大学に至るまで18
年間に渡り、概ね開催校を定め開催校所属の会員を中心に大会実行委員会を組織して大会
を開催して参りましたが、今年は久しぶりに理事会主導となりました。
もちろん大会研究発表も十分な受け皿が用意されており、学術研究・高等教育の場である
大学を会場とし、会員の研究発表の場である年次研究発表集会としての学会大会に何ら変
わりありません。
今大会では開催校によらないという機会を活かし、講演やシンポジウム等の特別プログラ
ムを持たない研究発表主体のミニマルな学会大会の開催をめざしたいと考えております。
今後大会開催をお引き受けいただく場合に、開催校や開催校所属の会員の皆さまに過度な
ご負担をおかけせずに大会を開催する一つの事例となり得るのではと思います。
例年に比べ遅くなりましたが、以下の通り、本年度学会大会についてお知らせいたします。
合わせて大会研究発表の募集についてもご覧いただけければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

——————————————————————————–
会期:
2019年8月3日(土)
会場:
東京造形大学 宇津貫キャンパス4号館4-D教室・4-E教室
〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556番地
https://www.zokei.ac.jp/university/map/
アクセス:
JR横浜線相原駅東口下車スクールバス5分または徒歩15分
https://www.zokei.ac.jp/university/access/

——————————————————————————–
プログラム:
09時45分 受付開始
10時15分~10時30分 開会式(4-D教室)

10時35分~11時00分 研究発表01(4-D教室) 研究発表02(4-E教室)
11時05分~11時30分 研究発表03(4-D教室) 研究発表04(4-E教室)
11時35分~12時00分 研究発表05(4-D教室) 研究発表06(4-E教室)
12時05分~12時30分 研究発表07(4-D教室) 研究発表08(4-E教室)

12時30分~13時30分 昼食

13時30分~13時55分 研究発表09(4-D教室) 研究発表10(4-E教室)
14時00分~14時25分 研究発表11(4-D教室) 研究発表12(4-E教室)
14時30分~14時55分 研究発表13(4-D教室) 研究発表14(4-E教室)

14時55分~15時10分 休憩

15時10分~15時35分 研究発表15(4-D教室) 研究発表16(4-E教室)
15時40分~16時05分 研究発表17(4-D教室) 研究発表18(4-E教室)
16時10分~16時35分 研究発表19(4-D教室) 研究発表20(4-E教室)
16時40分~17時05分 研究発表21(4-D教室) 研究発表22(4-E教室)

17時10分~17時20分 閉会式(4-D教室)
——————————————————————————–
大会参加費:会員3000円、会員外(一般)2000円、会員外(学生・東京造形大学教職員)
1000円


 

研究発表募集(会員のみ)

申込期日:2019年6月30日(日)
研究発表申込先(電子メール受付):jsas2019@jsas.net(@を@に変えて下さい)
※氏名、所属等、連絡先メールアドレス、研究発表タイトル、研究発表概要(400字)、使用機材等を明記の上、上記大会実行委員会宛にメールでお申し込みください。

研究発表概要集原稿期日:2019年7月14日(日)
研究発表概要集原稿字数:2000字

※大会実行委員会よりお送りするフォーマットで作成し、期日までに大会実行委員会宛に
メールでお送りください。図版の掲載も可能ですが、委細はお送りするフォーマットをご
参照ください。


 

入会申込先アドレスの誤記に関するお詫び

2019.05.12 カテゴリー:総務委員会

当WEBサイトの入会案内のページに記載されている申込ファイル送付先アドレスに、以下の誤りがありました。

誤)info@jsas.com
正)info@jsas.net

長期に渡り誤った情報が記載され、入会希望の皆様にご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

もし4月までにお申し込み頂いた方の中で、未だ事務局からの申込み受付の返信がないという方がいらっしゃいましたら、お手数ですが今一度info@jsas.net宛に再送して頂きますようお願いいたします。

理論研究部会2019年度第2回研究会・教育研究部会 2019年度第1回研究会 合同研究会開催のお知らせ(5/11開催)

2019.05.02 カテゴリー:教育研究部会,理論研究部会,研究部会活動

日本アニメーション学会理論研究部会 2019年度第2回研究会
日本アニメーション学会教育研究部会 2019年度第1回研究会
合同研究会開催のご案内

時下ますますご清栄のこととお慶び申しあげます。

下記の通り、理論研究部会2019年度第2回研究会と教育研究部会2019年度第1回研究会を合同開催します。

アニメーション研究、特にアニメーション教育、アニメーション理論に広く関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

会場の収容人数に限りがありますので、事前申込制とさせていただきます。
会員優先とし、席に余裕のある場合に会員外の参加も可とします。

                  記

■日本アニメーション学会理論研究部会 2019年度第2回研究会
 日本アニメーション学会教育研究部会 2019年度第1回研究会
 合同研究会

●日時:2019年5月11日(土)13時00分〜16時30分
 開場:12時45分  ※会場準備の都合上、開場時刻以降にお越しください。

◎第一部 教育研究部会 13時00分〜15時10分
 第二部 理論研究部会 15時20分〜16時30分

●第一部 教育研究部会
◎発表1 13時00分〜14時20分
 タイトル:アニメーテッドラーニング~アニメーションの活用で、それぞれのアイデアを深め、考えを伝えるメソッドを日本にも
 発表者:伊藤裕美/オフィスH(オフィスアッシュ)代表、一般社団法人アニメーテッドラーニングらぼ代表理事
 発表概要:
アニメーテッドラーニングの研究開発と啓発普及を30年近く続ける、デンマークのAnimated Learning Lab(ALL/The Animation Workshop傘下)の活動と日本でも今後展開予定のアニメーテッドラーニングを紹介。
アニメーテッドラーニング(Animated Learning)とは、アニメーション(動画)を主なツールとして、学習とコミュニケーションに用いるメソッド(教授法、学習指導法、学習支援の方法等)とサービス。
 発表者プロフィール:
外資系企業広報を経て1999年独立。2000年からアニメーション上映主催、配給・権利管理、メディア事情紹介を行う。「日加ショートアニメーション・エクスチェンジ」で若手作家の国際デビュー支援。デンマークのアニメーション・ワークショップの「SEA−コンセプト開発マスタークラス」、「カワイイ&エピックー(日本のアニメとマンガの特集)」、「ニッポンノルディック」運営に参画。アニメーションをコミュニケーションのツールとするアニメーテッドラーニング普及を担う一般社団法人アニメーテッドラーニングらぼ、代表理事。

◎発表2 14時30分〜15時10分
 タイトル:小学校の授業でのアニメーション作りについての考察
 発表者:昼間行雄(文化学園大学)
 発表概要:
文化学園大学の文化・住環境学研究所共同研究として、2015年度から2017年度に行なった「美術教育普及活動での映像メディアの効果的な活用方法」での小学生と小学校教員を対象としたワークショップについて紹介する。

●第二部 理論研究部会
◎発表 15時20分〜16時30分
 タイトル:実技系大学における講義系授業の近況報告——東京造形大学、文化学園大学を中心として
 発表者:小出正志(東京造形大学)、昼間行雄(文化学園大学)
 発表概要:昨年度までの理論・教育合同研究会における各大学の授業に関する報告に続き、今年度最初の報告は2003年の専攻創設と2011年の小規模なカリキュラム改訂以降、2018年に初の大規模なカリキュラム改訂を行った東京造形大学、大学院も含めて講義系授業の見直しを進めている文化学園大学、両大学のの現状と展望を理論・教育両研究部会主査の両名が報告し、実技系大学における講義系授業のあり方について考える。

●会場:東京造形大学原宿サテライト
    東京都渋谷区神宮前2−32−5「BPRスクエア神宮前1」6F
◎交通アクセス:
 JR山手線「原宿駅」徒歩9分
 東京メトロ千代田線「明治神宮前」駅徒歩6分
※受付確認後に地図をお送りします。

●定員25名

2019年度日本アニメーション学会理論研究部会第2回・教育研究部会第1回合同研究会に参加を希望される場合は、
5月9日(木)23時59分までに下記の参加申込書にご記入の上、
11sig_theory@jsas.net 宛(@を@に変えてください)にご返信ください。
5月10日(金)までに受付確認を返信します。
今回は会場収容人数の関係で会員優先・事前申込制となります。

—————————— キリトリセン ——————————–

■2019年度日本アニメーション学会理論研究部会第2回・教育研究部会第1回合同研究会 参加申込書

※mail to: 11sig_theory@jsas.net(@を@に変えてください)

□:参加します

□:会員
□:会員外(社会人)
□:会員外(学生)

氏 名:________________

所 属:________________

メール:________________

※5月9日(木)23時59分までにご返信ください。

—————————— キリトリセン ——————————–

理論研究部会 2019年度第1回研究会開催のお知らせ(4/14開催)

2019.04.05 カテゴリー:理論研究部会,研究部会活動

日本アニメーション学会理論研究部会 2019年度第1回研究会開催のご案内

時下ますますご清栄のこととお慶び申しあげます。

下記の通り、理論研究部会2019年度第1回研究会を開催します。

今回は本年5月刊行予定の『日本のマンガ・アニメにおける「戦い」の表象』をもとに著者の足立加勇会員に発表していただきます。アニメーション研究、特にアニメーション理論、アニメーション史に広く関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

会場の収容人数に限りがありますので、事前申込制とさせていただきます。会員優先とし、席に余裕のある場合に会員外の参加も可とします。

                  記

■日本アニメーション学会理論研究部会 2019年度第1回研究会

●発表タイトル:日本のマンガ・アニメにおける「戦い」の表象
●発表者:足立加勇(立教大学/東京造形大学)

●発表概要:
近日出版予定の拙著『日本のマンガ・アニメにおける「戦い」の表象』は、日本のマンガ・アニメにおいて「戦い」がどのように描かれてきたかを論じるものである。日本のマンガ・アニメ作品、特に商業的な作品では、「戦い」という題材は常に重要なテーマであった。しかし、「戦い」そのものを切り口にマンガ・アニメを論じる論考は少ない。拙著は、「戦い」を「主人公の戦いはどのようにして正当化されるのか」と「戦いによって発生する犠牲はどのように描かれるのか」という二つの観点から分析することを試みるものである。この二つの観点は「なぜ人は大きな犠牲を払ってまで戦い続けるのか」という問いによって統合されるものであり、日本のマンガ・アニメはこの根本的な問いに対する説得力のある回答を作り出すことに苦心してきた。今回の発表では、その説得力のある回答を作り出すために、「絆」の観念が活用されてきた事実を指摘するとともに、それがどのようにマンガ・アニメの作品内容を規定してきたのかについて論じる。

足立加勇『日本のマンガ・アニメにおける「戦い」の表象』現代書館
http://www.gendaishokan.co.jp/article/A00001.htm
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784768458501

●日時:2019年4月14日(日)14時00分~17時00分

●会場:東京造形大学原宿サテライト
    東京都渋谷区神宮前2-32-5「BPRスクエア神宮前1」6F
◎交通アクセス:
 JR山手線「原宿駅」徒歩9分
 東京メトロ千代田線「明治神宮前」駅徒歩6分
※受付確認後に地図をお送りします。

●定員25名

日本アニメーション学会理論研究部会2019年度第1回研究会に参加を希望される場合は、
4月12日(金)23時59分までに下記の参加申込書にご記入の上、
11sig_theory@jsas.net 宛(@を@に変えてください)にご返信ください。
4月13日(土)午前までに受付確認を返信します。
今回は会場収容人数の関係で会員優先・事前申込制となります。

—————————— キリトリセン ——————————–

■日本アニメーション学会理論研究部会 2019年度第1回研究会 参加申込書

※mail to: 11sig_theory@jsas.net(@を@に変えてください)

□:参加します

□:会員
□:会員外(社会人)
□:会員外(学生)

氏 名:________________

所 属:________________

メール:________________

※4月12日(木)23時59分までにご返信ください。

—————————— キリトリセン ——————————–