CONTACT

Conference

大会


日本アニメーション学会第22回大会
〜オンライン開催〜


●会期:2020年9月12日(土)・13日(日)※終了しました。
●参加申込み期間:8月27日(木)〜9月9日(水)※終了しました。
●参加費:会員(一般):3,000円 / 会員(学生):1,000円
    非会員(一般):2,000円 / 非会員(学生):1,000円


↓ご協力をお願いします。

▶️本大会へのご意見・ご感想アンケート

 


<アーカイブ公開期間:9/15(火)〜22日(火)> ※終了しました。


【お知らせ】

  • ◎大会終了後、15日(火)〜22日(火)18時に限って、シンポジウム・講演・研究発表の記録映像の一部(発表者の了承を得られたもののみ)を、大会WEBサイトの「マイページ」上で事後的に閲覧して頂くことができるようになります。「詳細ページ」のコメント欄等も上記期間中はご覧頂けます。
  • ◎上記WEBサイト「マイページ」の大会概要集(PDF)を更新しました(変更点:学会賞贈賞式に関するページの追加)。9/11にダウンロードされた方は、今一度更新版をダウンロードしなおして下さい。
  • ◎プログラムページの学会賞受賞記念講演の時間帯が13:00-14:00となっておりますが、13:00-14:30が正しいです。また学会賞贈賞式との間に5分ほどの休憩時間が入ります。

【注意点】

  • ◎パスワードをお忘れの方は、ログイン画面で「パスワードを忘れた場合」を選び、指示に従って下さい。但し電話番号の入力欄は、参加申込み時にご登録頂いておりませんので、「000-0000-0000」というゼロとハイフンからなるダミーの電話番号を入れて頂ければ結構です。
  • アクセスに際して何か不具合がございましたら、jsas2020conference@gmail.com(担当:フヤマ)までご連絡下さい。

<参加申込み時の資料>※参加申込みは終了しました。
大会参加申込み方法 (PDF)

<参加の手引き>
▶ 「大会参加の手引き」のダウンロード(PDF)


プログラム


大会プログラム概要(PDF)
※発表概要集は、会期中に大会WEBサイト内でダウンロード出来るようになります。

【1】渡辺泰先生追悼シンポジウム

本学会名誉会員・渡辺泰先生が2020年3月27日にご逝去されました。渡辺先生は共著『日本アニメーション映画史』等でアニメーション研究を牽引され、日本アニメーション学会特別賞、文化庁メディア芸術祭功労賞、東京アニメアワードフェスティバル功労賞を受賞されました。渡辺先生のご功績をあらためて振り返るとともに、みなさまとご一緒に渡辺先生を偲ぶ機会になることを願います。

◎日時:9月12日(土)13:00〜16:00
◎概要:

【第1部】
・鈴木伸一(東京工芸大学 杉並アニメーションミュージアム館長)「渡辺泰さんの功績と想い出」
・竹内オサム(同志社大学教授)「『ビランジ』での渡辺泰さん」
・安井喜雄(神戸映画資料館館長)「ありがとう 渡辺泰さん」※追悼映像

【第2部】
・横田正夫(第2代会長)「渡辺泰さんとのこと」
・小出正志(第3代会長)「渡辺泰先生ー謝辞と追想」
・桑原圭裕(西日本支部代表)「渡辺泰講座を振り返って」
・登壇者によるトーク

【第3部】
・追悼映像「渡辺泰先生の想い出」
(司会:萩原由加里、佐野明子)

◎担当:西日本支部、歴史研究部会、研究・教育委員会

「渡辺泰先生追悼シンポジウム」フライヤー(PDF)

 

【2】学会賞記念講演

2019年度の日本アニメーション学会賞の受賞者である西村智弘氏(映像評論家)による記念講演「わたしたちはアニメーションをどのように理解してきたか」を行います。西村氏のご著作『日本のアニメーションはいかにして成立したのか』は、日本における「アニメーション」概念の受容を歴史的視点から論じた労作として、リファレンスともなりうる実証性を備えていると評価され学会賞を受賞しました。

◎日時:9月13日(日)13:00〜14:30 <ZOOM>

 

【3】学会賞受賞式

2020年度の学会賞の授賞式を行います。

◎日時:9月13日(日)14:30〜15:00 <ZOOM>

 

【4】研究発表

 

◎研究発表1(ZOOM):9月12日(土)10:00〜12:00

・キム・ジュニアン『セル画に関する現象学的・高分子化学的研究を目指して:映像経験とその保存の問題』
・石田美紀『声優のスター化におけるアニメ雑誌の役割ー1970年代末の事例に即して』
・たつざわ さとし『東映動画発足の経緯の再検討』
・増田弘道『アニメーション産業研究について』

 

◎研究発表2(ZOOM):9月13日(日)10:00〜12:00

・平野泉『〈ホビーアニメ〉における「改造」の表象』
・宮崎しずか『アニメーション教育における一考──幼児心理学に基づくアニメーション制作の実践を通して──』
・有吉末充『異物としての子ども、再生する家族ーアニメと家族』
・アルト・ヨアヒム『戦争を語るアニメ、そしてその代品の絵本』

 

◎研究発表3(オンデマンド)会期中、常時視聴可能。

・王伸子『アニメのセリフに現れる非日常性 ー日本語教育の立場からー』
・佐分利敏晴『アニメーションからかたちを奪い去る』
・陳龑『「IP」という言葉から見る近年の日中アニメ産業の交流』
・布山タルト『アニメーション表現活動を通じたインクルーシブアート教育の実践』

 

<タイムテーブル>

 


大会実行委員会
実行委員長:須川亜紀子

実行委員:布山タルト、キム・ジュニアン、米村 みゆき、いがらしなおみ、
石田 美紀、小出 正志、佐野 明子、陣内 利博、津堅 信之、野村 康治、
萩原 由加里、松本 淳、横田 正夫、和田 敏克


 


アーカイブ

〜過去の大会〜