日本アニメーション学会

インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル
 ICAF2009開催のお知らせ

開催概要

(2009.9.5/日本アニメーション学会ICAF担当理事
ICAF2009フェスティバルディレクター
東京造形大学教授・木船徳光

●昨年に続き、9月11日(金)よりICAF2009を開催致します。
今年で開催7回目を迎える、インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)は、アニメーションを専門的に学ぶことのできる教育機関が推薦する学生作品を一同に集めた、学生のため本格的なアニメーションフェスティバルです。多摩美術大学、武蔵野美術大学、東京工芸大学、東京造形大学が幹事校で、教員が手弁当で始めたイベントです。去年より学生実行委員会を組織し、学生たちが積極的に運営に参加しています。
9月12日(土)に迎えるシンポジウム「G9+1・火星の彼方から」では、世界最高齢アニメーション作家集団「G9+1」の大先輩からの若者たちへのメッセージを頂くことになりました。9月21日(月)京都で行うシンポジウム「ICAF、昨日、今日、明日」では、古川タク、片山雅博、木船徳光がICAFに出品された過去の作品を観ながら、これまでの歩みを回顧します。今年は、作品のレベルも上がり、16校と参加校も増え、A〜Hの8プログラム、それにフランスと韓国からのセレクション作品上映が加わるという、賑やかなプログラムとなりました。

9月11日(金)〜14日(月)までは東京・国立新美術館(入場無料)にて、9月21日(月)〜23日(水)までは京都国際マンガミュージアム(入場無料・ミュージアムへの入場料が別途必要です)にて行われます。学生作品をまとめて観ることができる良い機会なので、是非、ICAF2009にご来場下さい。

■参加校■
阿佐ヶ谷美術専門学校、IAMAS(岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー/情報科学芸術大学院大学)、大阪芸術大学、京都精華大学、神戸芸術工科大学、女子美術大学、成安造形大学、創形美術学校、多摩美術大学、東京藝術大学、東京工芸大学、東京造形大学、東京デザイナー学院、日本大学芸術学部、武蔵野美術大学、早稲田大学川口芸術学校

■開催日時■
○東京会場・国立新美術館
9月11日(金)上映(13時〜17時50分)
9月12日(土)上映(10時20分〜17時30分)
9月13日(日)上映(10時20分〜17時50分)
9月14日(月)上映(10時40分〜17時50分)
○京都会場・京都国際マンガミュージアム
9月21日(月)上映(12時10分〜19時30分)
9月22日(火)上映(12時10分〜19時30分)
9月23日(水)上映(10時00分〜19時30分)

■主催■
インター・カレッジ・アニメーション・フェスティバル実行委員会

■共催■
国立新美術館
京都国際マンガミュージアム
日本アニメーション協会(JAA)
日本アニメーション学会(JSAS)

詳しくは下記ホームページをご覧下さい。
http://www.icaf.info/


Copyright (c) 1999,2009 Japan Society for Animation Studies All Right Reserved