日本アニメーション学会

国際漫画・アニメーション用語シンポジウム
2007

 2007 International Symposium
 
on the Cartoon and Animation Terminology
開催概要
■国際漫画・アニメーション用語シンポジウム2007
 開催のお知らせ

 韓国では朝鮮大学校産学協力団が韓国学術振興財団の研究助成を受けて、昨年より来年までの2年間の計画で「漫画・アニメーション学術用語事典編纂」のプロジェクトが進められております。この事典は漫画とアニメーションの分野の5500語を韓国語、英語、日本語、中国語の4か国語で収集・整理・標準化しテキストと図版で解説するもので、世界初の試みとされています。韓国は極的な政策・施策もあり、漫画とアニメーションの分野で教育・芸術・産業の活性化が著しく、漫画・アニメーション関連教育機関は高校72校、大学133校、大学院19校にのぼっています。この学術用語辞典は学術と教育の基本文献として、また産学連携の一翼を担うものとして、その成果が大いに期待されています。また国際的にも漫画・アニメーション分野の国際交流の活性化にも寄与するものと期待されます。
 このたび下記の通り、韓国漫画アニメーション用語編纂事業団の主催で日本アニメーション学会が協力し、「漫画・アニメーション学術用語事典編纂」プロジェクトの中間報告として日韓の専門家による発表と討論による「国際漫画・アニメーション用語シンポジウム2007」を日本で開催することとなりました。本シンポジウムは漫画とアニメーションの用語標準化に関心を持つ全ての方にご参加いただけます。特に事前予約は必要ありませんが、席に限りがあるため学生・院生を同伴されるなど4名以上でご来場の場合は事前にメールでご連絡いただければ幸いです。
皆様方の奮ってのご参加をお待ちしております。


●国際漫画・アニメーション用語シンポジウム2007
 2007 International Symposium
 on the Cartoon and Animation Terminology

◎日時:2007年2月10日(土)10:30〜18:00
 会場:日本大学文理学部百周年記念館会議室2
    東京都世田谷区桜上水3−25−40
    (京王電鉄京王線下高井戸または桜上水下車、徒歩8分)

◎主催:韓国漫画アニメーション用語編纂事業団
 共催:日本アニメーション学会

◎参加費:無料
 事前登録の必要:なし

◎プログラム:
○10:30〜11:00
 挨拶1)横田正夫日本アニメーション学会会長(日本大学教授)
 挨拶2)キム・イルテ韓国漫画アニメーション用語編纂事業団長
                      (朝鮮大学教授)

○11:00〜13:00 漫画分野
 発表1)ユン・キホン(釜山大学教授)
    「漫画争点用語の問題」
 発表2)キム・ビョンス(朝鮮大学外来教授)
    「漫画用語外来語の問題」
 発表)秋田孝宏(漫画研究者、日本マンガ学会理事)
    「漫画研究における用語の諸問題」

○13:00〜14:00 昼食

○14:00〜16:00 アニメーション分野
 発表1)キム・イルテ(朝鮮大学教授)
    「アニメーション争点用語の問題」
 発表2)ソル・ジョンフン(公州映像大学教授)
    「アニメーション用語外来語の問題」
 発表3)小出正志(アニメーション研究者、東京造形大学教授)
    「アニメーション研究における用語の諸問題」
 発表4)木船徳光(アニメーション作家・3DCG監督、東京造形大学助教授)
    「アニメーション制作における用語の諸問題」

○16:00〜18:00 討論

Copyright (c) 1999,2007 Japan Society for Animation Studies All Right Reserved