日本アニメーション学会

連続公開研究会「マンガと学術研究」【第3回】

(2009年12月13日)

来【日時】2009年12月13日(日) 午後3時〜5時45分

【会場】京都国際マンガミュージアム 3階 研究室1

【料金】無料

【参加方法】参加希望者は、12月9日(水)までに(1)名前(2)所属を明記の上、ジャクリーヌ・ベルント(国際マンガ研究センター)berndt@kyoto-seika.ac.jpまでご連絡ください。申し込みをされた方は、当日、受付にお申し出ください。ミュージアム入場料を免除させていただきます。申し込みがなくても無料で参加はできますが、ミュージアム入場料(大人500円、中高生300円、小学生100円)が必要となります。

【報告者】トマス・ラマール(カナダ・モントリオール・マギル大学教授、
日本文化史・映像論、『メカデミィア』編集委員)

【題目】国内外における日本アニメ研究の現状と課題

【概要】ラマール氏の研究対象は平安時代の古典文学や絵巻から谷崎潤一郎の映画論にいたるまで多岐にわたっているが、近年では日本のマンガやアニメに関する論文をも多数上梓されている。2009年11月末には『ザ・アニメ・マシーン:アニメーションのメディア論』という英語著書を刊行予定。今回の公開研究会ではアニメを研究されるようになった経緯についてお話しいただくとともに、アニメ研究の可能性と必要性について話し合うラウンドテーブルに加わっていただく。
※日本語での報告です

※共催者の関西アニメーション研究部会のメンバーはラマール氏の出版物を読んだ上で参加する予定
※ラマール氏は、京都精華大学国際マンガ研究センター第1回国際学術会議「世界のコミックスとコミックスの世界」にも参加されます(12月20日)。

【コメンテータ】今井隆介(花園大学文学部専任講師)

【主催】京都国際マンガミュージアム・国際マンガ研究センター、日本マンガ学会・若手研究者ネットワーク部会、日本アニメーション学会・関西アニメーション研究部会

【問い合わせ先】
 E-mail: r-imai@hanazono.ac.jp Tel: 花園大学 075-811-5181(代)

【ウェブサイト】http://www.kyotomm.jp/event/study/or3.php


Copyright (c) 1999,2009 Japan Society for Animation Studies All Right Reserved