日本アニメーション学会

公開座談会「創る・教える・研究する」
〜アニメーションを創る人・教える人・研究する人による三者面談

(2009年10月24日)

来る10月24日(土)に花園大学拈花館(ねんげかん)1階104講義室にて公開座談会を開催いたします。毎日放送の「らいよんチャンネル」など、関西を拠点にアニメーションを制作されているハセガワマサハルさんと、京都造形芸術大学で教鞭をとられている大西宏志先生をゲストにお迎えして、パネルディスカッションを行います。アニメーションの制作者・教育者・研究者がひとつのテーブルを囲んで話し合うという画期的な試みです。ふるってご参加ください。

【プログラム】
10月24日(土)
15:00 開会の挨拶・趣旨説明
15:10 パネリストによる自己紹介を兼ねたプレゼンテーション
16:00 パネルディスカッション
17:30 閉会

【パネリスト】
ハセガワマサハル
(映像制作ユニットANCHOVY/animation soup/神戸電子専門学校非常勤講師)
大西宏志(京都造形芸術大学准教授/映像作家/ASIFA-JAPAN会員)
今井隆介(花園大学文学部創造表現学科専任講師/日本アニメーション学会理事)

【場所】
花園大学拈花館(ねんげかん)1階104講義室。花園大学の本館ではありませんのでご注意ください。花園大学には駐車場がございませんので、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。また拈花館には駐輪場がございません。自転車でお越しの方は花園大学正門横の地下駐輪場をご利用ください(当日は係の者がご案内申し上げます)。詳しくは花園大学のウェブサイト

http://www.hanazono.ac.jp/
をご参照ください。

【参加費】
日本アニメーション学会員、一般参加者ともに無料。

【問い合わせ先】
 E-mail: r-imai@hanazono.ac.jp / Tel: 花園大学 075-811-5181(代)


Copyright (c) 1999,2009 Japan Society for Animation Studies All Right Reserved