日本アニメーション学会 研究・教育委員会主催 公開ディスカッション2015


「水曜日にはピンクを着るのよ―オーストラリアにおけるコスプレと女性の ファン共同体」
“On Wednesdays We Wear Pink: Cosplay and Female Fandom in Australasia”


講師:エメラルド・キング Emerald King(ウェリントン・ヴィクトリア大学講師)
(開催日:2015年2月7日)



2015年1月13日
日本アニメーション学会
研究・教育委員長査
布山タルト


研究・教育委員会主催 公開ディスカッション2015
水曜日にはピンクを着るのよ
― オーストラリアにおけるコスプレと女性のファン共同体 ―
開催のご案内




昨年から実施している海外の研究者との公開ディスカッションの第二回目です。
今回はニュージーランドのウェリントン・ヴィクトリア大学講師のエメラルド・ キング氏をお招きして、コスプレ研究をテーマとしたディスカッションを行い ます。
学会員以外の方もご参加頂ける会ですので、ご興味、ご関心のある方は、 是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。



■講師:エメラルド・キング/Emerald King(ウェリントン・ヴィクトリア大学 講師)

◎日時:2015年2月7日(土)15:00〜18:00(終了後に懇親会あり)
◎使用言語:基本的に英語(日本語も交える予定)
◎場所:専修大学 神田キャンパス7号館(大学院棟)7階772教室(ゼミ室)
・神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分
・九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
・水道橋駅(JR)西口より徒歩7分
◎アクセス:
 http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html#kanda

◎事前申し込み無しにご来場頂けますが、会場準備の都合上、参加希望の方は なるべく以下の問い合わせ先まで、お名前とご所属をご一報頂けますと幸いです。
◎問い合わせ:
 須川亜紀子(横浜国立大学)
 akikosugawa[at]ynu.ac.jp ※[at]を@に置き換えて送信して下さい


◎概要
ニュージーランドのウェリントン・ヴィクトリア大学講師エメラルド・キング氏 をお招きし、オセアニアにおけるコスプレの現状と研究についてお話していただ きます。 自身もコスプレイヤーである氏は、タスマニア出身であること、女性であること から周縁化された場からコスプレパフォーマンスにおけるジェンダーとセクシュ アリティについて地政学的、ジェンダー論的考察にも焦点を当てます。特に、 オーストラリアでは、ジブリ映画のコンテンツツーリズムも盛んであり、氏もジ ブリコスプレをパフォームしています。ジブリのキャラクターをオーストラリア で演じることの社会文化的意味も論じます。

◎参考文献
キング氏の論文
“Girls Who Are Boys Who Like Girls to be Boys … : BL and the Australian Cosplay Community.” Intersections: Gender and Sexuality in Asia and the Pacific 32 Issue 32, July 2013.

“Mazohizumu no Mon: Masochistic and Sadist Representations of Women in Japanese Exploitation Films and Reidissu komikku,” Image and Narrative Vol 12: 1, 2011, pp. 19-31.

“‘She’s Got Tears in Her Eyes’: The Language of Masochistic Violence and Power in the work of Kono Taeko,” Crossroads: Special Issue from the 2008 Rhizomes Conference Vol 3:2 2009.

“The Mountain Witch at the Train Station: The Yamauba and the Shojo in Aoyama Nanae’s Hitori Biyori.” Graduate Journal of Asia Pacific Studies:‘Identity Politics and Cultural Negotiations’ Vol 6:1 2008, 82-98.


以 上







Copyright (c) 1999,2015 Japan Society for Animation Studies All Right Reserved